信頼度が高いダイヤモンド鑑定書の発行機関一覧&記載内容の読み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドについてくる「鑑定書」

ダイヤモンドの品質を評価する鑑定機関が発行しているものであり、品質の担保としての意味合いも持っている。

今回は、品質の担保として「信頼できる鑑定書を発行している鑑定機関はどこなのか?」
そして、「鑑定書に記載された内容の読み方」の二つをお話していこう。

信頼できるダイヤモンド鑑定書の発行機関一覧

まず最初に、ダイヤモンドの鑑定書を発行している機関についてご紹介しよう。

【日本・海外で信用できる鑑定機関一覧】

略称 名称 拠点
GIA 米国宝石学会 海外(アメリカ)
IGI 国際宝石学研究所 海外(ベルギー)
HRD ダイヤモンド・ハイ・カウンシル 海外(ベルギー)
CGL 中央宝石研究所 日本
AGT AGTジェムラボラトリー 日本

上記リストに載っている鑑定機関が発行している鑑定書であれば、日本でも信用のおけるものだと思ってよいだろう。

日本国内の宝石業界でのスタンダードは、「GIA(米国宝石学会)とCGL(中央宝石研究所)」の二社である。

このリストに載っていないが、海外では有名な鑑定機関もある。だが一般的にGIAの物であれば世界のダイヤ鑑定の品質評価として間違いは無いだろう。

ちなみに、CGL・AGTは日本に拠点を置く国内2大ダイヤモンド鑑定機関であるが、残念ながら海外では殆ど通用しない。

海外ではGIA・IGI・HRDの3社が主に使われており、最も無難なのはGIAという判断になってくる。

ダイヤモンドの鑑定書でチェックすべきは発行元

ダイヤモンドを売買する際に「鑑定書で高く評価されている」という説明を受けたならば、まず初めに発行している機関を確認するようにしよう。

先ほどのリストに載っている会社でなければ、即決は控えた方が良いかも知れない。

4Cやカッティングなどの品質評価のチェックはその次、まずは鑑定書自体が信頼できるものであるか?という部分が最も大切だからである。

それでは、冒頭にリストでご紹介した信頼のおけるダイヤモンド鑑定機関を一つずつご紹介していこう。

GIA(米国宝石学会)とは

【GIAの鑑定書サンプル】


※画像引用「GIA公式サイト ダイヤモンドグレーディングレポートより

GIA(Gemological Institute Of America(米国宝石学会)) 
ダイヤモンドの鑑定機関の中で最も世界的に有名であり、権威ある団体がGIA(米国宝石学会)だ。

GIAはダイヤモンドの国際的な評価項目としてスタンダードになった「4C」と呼ばれる基準(カラー・カット・カラット・クラリティー)を最初に打ち出し、業界内で確固たる地位と権威を獲得している。

つまり、世界のダイヤを評価する基準を作った団体であることから、どの地域・産地のダイヤモンドであっても、GIA社の鑑定書はお墨付きとして扱われるという訳だ。

更に、GIA社で鑑定されたダイヤモンドであればレポート番号をオンライン上で管理しているため、紛失・盗難時には番号から同様の品物を探すことが出来る。
※この番号はダイヤモンド本体にも刻印されている。(ダイヤの側面部分(ガードル)にレーザーで刻印)

ちなみに、GIA社では「ダイヤモンドグレーティングレポート」と簡略版で小さい「ダイヤモンドドシェ」の2種類の鑑定書を発行している。

違いは簡略版※であるか否かというだけで、両方とも正式な鑑定書であることに変わりはない。
(プロット図と呼ばれる内包物の図があるかどうか)

小型のダイヤモンド(1.0ct未満)にはダイヤモンドドシェが付いていることが多い。

2012年に東京へ鑑定ラボを開設し、従来より鑑定期間を短縮させている。

日本国内での影響力も非常に高く、日本の鑑定機関を取りまとめる「宝石鑑別団体協議会(AGL)」も2006年からGIAの鑑定基準を取り入れ、原則としてGIAと同じ基準の鑑定結果を提示できるようにしている。

つまり、日本の鑑定機関(AGLの加盟団体)も基本はGIAと同じ評価方法という訳だ。

IGI(国際宝石学研究所)とは

【IGIの鑑定書サンプル】


※画像引用「IGI公式サイトより

IGI(International Gemological Institute (国際宝石学研究所) )
実は日本にも支部がある、ダイヤモンド市場の本場ベルギーに本部を構えるダイヤモンド鑑定機関の一つ。

ダイヤモンドの鑑定は勿論、「真珠」「合成・模造ダイヤモンド」「高級ジュエリー」「カラーストーン」等々、世界中の幅広い宝石鑑定に対応している世界的に有名な鑑定組織である。

IGIの本拠地は後記HRDと同じくベルギーのアントワープであり、ダイヤモンド市場の中心地であり、同社と共に鑑定業界をリードしてきた有力な一社。

日本国内ではCGL・GIAが主流のため滅多に目にする機会はないが、海外輸入品や一部のジュエリー店ではIGI鑑定書が付属するダイヤモンドを提供している会社もある。

HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル)とは

【HRDの鑑定書サンプル】


※画像引用「HRD公式サイトより

HRD(HRD Antwerp Institute of Gemmology)
日本ではあまり聞きなれない団体だが、海外輸入品や海外旅行でダイヤモンドを購入するとHRDの鑑定書(レポート)が添付されていることもあるだろう。

実はGIAと並ぶ世界的に有名なダイヤモンド鑑定機関であり、ヨーロッパにおいてはGIAを凌ぐ権威性を保持している。

世界におけるダイヤモンド市場の中心となっているベルギーを中心に、ダイヤモンド産業を統括するAWDC(アントワープ ワールド ダイヤモンド センター)によって組織されている。

4つのダイヤモンド取引所を取りまとめ、鑑定以外にも関税に関する諸手続き・貿易に関する調整・宝石学の教育など、公益法人・教育機関としても名高い。

日本の鑑定にも影響力があり、後記のCGL(中央宝石学研究所)とは提携関係として支援しており、HRDの情報・技術・機材・鑑定知識を活用した質の高い鑑定が行えるようになっている。

そのため、日本ではHRDに鑑定依頼するならCGLで良いとなりがちであり、日本の団体の方が受け入れられやすいため、HRDの鑑定書はあまり普及していないというのが現状。

業界内では勿論有名なため、HRDの鑑定書だから価値が落ちるとか、取り扱ってもらえないということもない。

【HRDと人工ダイヤモンドの関係】
HRDでは、天然ダイヤモンドの鑑定の他に、人工的に作られた合成ダイヤモンドの品質鑑定も行っている。

同社と提携しているCGL(中央宝石研究所)でも、合成ダイヤモンドのグレーディングが行えるようになるのではないかと噂されている。

しかしながら、日本国内の宝飾業界は合成ダイヤモンドや否定的なため、実現は遠いかも知れない。養殖真珠のように、天然品よりも優れた品質のものが手軽に入手できるようになる可能性もあり、警戒されている。

CGL(中央宝石研究所)について

【中央宝石研究所の鑑定書サンプル】


※画像引用「CGL公式サイトより

CGL(Central G em L aboratory (中央宝石学研究所) )
日本のダイヤモンド鑑定を多く行っているのがCGL(中央宝石研究所)である。

鑑定書の発行部数で考えると世界最大の鑑定機関であり、ダイヤモンドの優れたカッティング技術の証である「H&C(ハートアンドキューピット)」のプロポーションレポートを採用しているのも特徴の一つ。

※H&Cとは、カットが優れたダイヤモンドには”8つのハートの矢”が表面から見えることからハートアンドキューピットと呼ばれている。

CGLでは、オンライン上で鑑定情報を参照できる「CGLダイヤモンドグレーティングレポート」の紹介サービスがあり、鑑定書の発行から過去5年までのものはレポート番号を入力することで随時確認が可能である。

また、鑑定自体はGIAの規格・基準にて行われているが、HRDとも独自に提携しており、精度の高い鑑定を行っている。

AGT(AGTジェムラボラトリー)について

【AGTの鑑定書サンプル】


※画像引用「AGT公式サイト ダイヤモンドグレーディングレポート より

AGT ジェムラボラトリー (GIA JAPAN)
AGTは、GIAの日本支部代わりとして設置された「日本宝石鑑別協会」の子会社とした活動していた。

そのため、GIAの鑑定士資格を取得するスクールも運営、2015年まではGIA JAPPANの名称で広く知られるスクールでもあった。
(※今現在では、アメリカのGIA本社が鑑定士資格の取得に向けたプログラムを直接展開している。)

活動は日本だが、日本のダイヤモンド業界ではCGLの方が一般的に用いられる鑑定書であり、ややマイナーになってしまうだろう。

しかし、色が付いているカラーダイヤモンドはAGTの鑑定が精度高く有名。

今でもカラーダイヤモンドの場合はAGTの鑑定結果が優先されることもあり、カラーダイヤモンドの部類にはAGTの鑑定書が付いているケースも多い。

昔はAGTにて鑑定されたダイヤモンドが「AGTプレミア」と呼ばれて特別視されていたほどで、数%価格が上乗せされるなんてこともあった。

※ちなみにAGTジェムラボトリーでは、H&C(ハートアンドキューピット)は「華標」と別の名称で呼ばれており、AGTのダイヤモンドグレーディングレポートで確認することが可能になっている。

鑑定書の詳しい見方と4C評価

鑑定書は、ダイヤグレードを評価するための4Cを判断するために活用される。

こちらが実際の鑑定書の見本だ。

【鑑定書の見本】
(GIAのサンプルレポート 高画質版の拡大版はこちら)

※画像引用「GIA公式サイト sampleレポート より

【記載項目について】
※主要なものを抜粋

項目名 記載事項 備考
GIA Report Number レポート番号
Shape and Cutting Style 形状とカット
MEASUREMENT 寸法
Carat weight カラット数 4C
Color Grade カラーグレード 4C
Clarity Grade クラリティグレード 4C
Cut Grade カットグレード 4C
FLUORESCENCE 蛍光性
PROPORTION プロポーション
COMMENTS/REMARKS 備考欄 特記事項はここに
PLOT プロット 省略パターンも有

ここにはダイヤモンドに関する多くの項目が書かれているが、まず最初にチェックすべきは4Cと呼ばれているダイヤモンドの美しさと品質を評価する基本項目だ。

左側の<GRADING RESULTS>と書かれた項目に注目しよう。

【ダイヤモンド評価の4cとは?】

ダイヤモンドは4Cと呼ばれる4つの評価基準で価値が決まる。この4Cとは「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」「カット(Cut)」のそれぞれ頭文字をとった略語であり、ダイヤモンドの美しさと品質の基本項目となっている。

それでは、まずは4Cの説明と記載箇所・その見方をご紹介しよう。

カラット(Carat Weight)

ダイヤモンドの品質評価で重要な項目の一つ「カラット」

カラットはダイヤモンドの重量(比重)のことで、”千分の一”まで計測し、1カラットあたりの数値を算出している。

カラット数が大きくなるほど重く、ダイヤモンド自体も大きくなるため、大きさと勘違いしている人も多い。

カラット数は最も他のダイヤモンドと比較しやすく、分かりやすい価値指数のポイントになるだろう。

そして、1カラット以上のサイズは大きめのダイヤモンドで、基本的に値段も高額になる。

ダイヤモンドのカラット数が大きくなるほど、ダイヤモンドの”欠点”※が目立ちやすくなるため、希少価値がグッと上がってくるのだ。

大きい原石から小さい原石に切り分けるのは、欠点部分を弾いて良質な結晶を取り出すためでもあるのだ。
(欠点とは、ダイヤモンドの価値に悪影響を与える要素のことを意味する。)

カラー(Color Grade)

カラー(カラーグレード)とは、ダイヤモンドの色合いを評価している項目だ。

ダイヤモンドは無色透明が最高品質であるが、微かに黄色が混ざったような色合いが多く、透き通るような透明感を持つダイヤモンドは非常に稀である。

カラー評価には、アルファベットのDからZまでの格付けがあり、Dが最も無色透明で価値が高い。
(※カラーダイヤモンドの場合は、色見が濃い方が価値が高く評価される傾向にあるため、その限りではない。)

【色見とレポート表記について】

カラースケール レポート表記
カラーレス
(ほぼ無色透明)
D
E
F
ニアカラーレス
(微かに色見がある)
G
H
I
J
フェイント
(薄い色見がある)
K
L
M
ベリーライト
(色見がハッキリ分かる)
N
O-P
Q~R
ライト
(濃い色見がある)
S~T
U~V
W~X
Y~Z
カラーダイヤ Z~

カラーレスダイヤモンドとして売られている物は、鑑定機関にはカラースケールD~Fの評価(GIAの場合)を受けた物ということになる。

カラーレスと一括りにされても、実はDEFの三段階に分けられているのだ。

ただ、DEといったグレードのダイヤモンドは宝石単体の価値が非常に高いため、ジュエリーに使われる機会もあまりなく、宝飾店に流通する機会もあまりないだろう。

クラリティ(Clarity Grade)

クラリティーとはインクルージョン(内包物)のことを指す言葉で、鉱物内の傷・汚れや表面の傷・染みなどがどの程度あるか?という部分を鑑定している。

※ちなみにクラリティー評価最上のFL(フローレス)・IF(インナリーフローレス)のダイヤモンドは滅多に市場に出ることはない。

【GIAのクラリティー評価まとめ】
(※ブレミッシュ=表面の傷)

表記 読み方 解説
FL フローレス
10倍の倍率でインクル―ジョン、ブレミッシュがともに見られない
IF インターナリーフローレス
10倍の倍率でインクルージョンが見られない
VVS1
ベリーベリースライトリー
インクルーデッド
インクル―ジョンが非常にわずかなため、熟練したグレーダーが10倍の倍率で見ても確認が困難
VVS2
VS1
ベリースライトリー
インクルーデッド
10倍の倍率でインクル―ジョンがなんとか確認できるが、微少と特徴づけられる程度
VS2
SI1
スライトリ―
インクルーデッド
インクル―ジョンが10倍の倍率で見て確認できる
SI2
I1
インクルーデッド
インクル―ジョンが10倍の倍率で容易に確認でき、透明度や輝きに影響を与える可能性あり
I2
I3

ダイヤモンドは自然の結晶ということもあり、成長過程で色染みや傷、結晶内の亀裂が生じてしまうことが多い。

肉眼では発見できないものについても、顕微鏡で10倍まで拡大鑑定し、内包物の程度を確かめているのだ。

また、FL(フローレス)と呼ばれるダイヤモンドは10倍顕微鏡で内包物を発見できないものであり、これは非常に綺麗なダイヤとして高額になる。

ただし、全く傷一つないダイヤモンドは存在しないため、FLクラスのダイヤでも100倍・1000倍などの特殊顕微鏡を使うと内包物が確認できる。
(むしろ内包物が全くないダイヤは、人工的に作られた物くらいしか考えられないだろう。)

先ほどのカラット数にも影響があり、ダイヤの結晶が大きいほどにインクルージョンを含む可能性は飛躍的に上昇する。

そのため、大粒ダイヤでFLクラスともなると、その価値は数百~数千万単位になってくるだろう。

基本的にFL・IFのダイヤモンドは一般市場には殆ど出回らない。

市場で一般的に出回っているのはVVS~SIあたりのグレードのものが大半。

6.CUT GRADE(カットグレード)

ダイヤモンドの美しい形を生み出す”Cut”

その優劣によってダイヤモンドの美しさは大きく変わるため、品質評価でも重要項目として見られる部分の一つ。

【カットグレード一覧】

Excellent Very Good Good Fari Poor
3EX H&C H&C EX 3EX Excellent

基本的には、Excellent評価が一番良く、Poorが最も悪い。

市場に流通している鑑定書付きのダイヤモンドであれば、Good以上のものが多いのではないだろうか。

Excellentの上には3EX H&C・H&C EX・3EXという表記がある。

3EXとは、総合的なカットグレードが「Excellent」であり、ダイヤモンドの仕上げである「ポリッシュ(研磨状態)」「シンメトリー(対称性)」も大変優れたExcellent評価であることが、3EXと名付けられる。

ここにH&Cという表記が付くと、H&Cはハートアンドキューピット(ダイヤモンドに8つのハートと矢が現れる大変優れたカット)であることを意味している。

つまり、「3EX H&C」はカット、研磨状態、対称性全てがExcellent評価、更に8つのハートと矢がダイヤモンドに現れるほどの優れた逸品であることを意味している。

他の評価もそれに準ずる意味合いだ。

基本的にVery Good以上であれば非常に美しいダイヤモンドであるため、身に着ける上ではそこまで気になる項目ではないかも知れない。


以上がダイヤモンドの4Cと呼ばれる評価項目の見方、そして解説である。

しかし、この4C以外にも多くの項目が記載されている「ダイヤモンドレポート」

ここからは、その他項目の見方や記載内容も解説していこう。

SHAPE & CUT(形およびカット)

この項目には、ダイヤモンドの形状・カットのパターンが記されている。

ダイヤモンドは原石から切り分けられて研磨されるが、原石ごとの特徴に合わせるように様々な形状へとデザインされていくのである。

【ダイヤモンド形状の画像例】
※サンプル鑑定書の形状は最もポピュラーな「ラウンド・ブリリアント」


※画像引用「ラーニング公式サイト 4C shapeより

他の宝石でよく使われる形は、そのまま宝石の名前が当て嵌められている。

このあたりは好み次第であるが、意外にもこれだけ形状の種類があるのだ。

ちなみに、4Cの中でShape&Cutは唯一、人工的な加工処理が関係する部分になる。

MEASUREMENT(寸法)

ダイヤモンドの直径や様々な幅を図って記録している寸法項目になる。

ダイアメンションと呼ばれる装置で100分の1ミリ単位で測定、記載している。

FLUORESCENCE(蛍光性)

ダイヤモンドは無色透明であるが、長波紫外線と呼ばれる光の下で発行する物が一部存在する。

この時に発行する色合い・色の強さをマスターストーンと比較し、結果を表記している項目。

ReportNumber(レポート番号)

鑑定書のレポート番号が記載されている。

GIA社の場合、鑑定済みのダイヤモンドにレーザー刻印でレポート番号を刻印しており、紛失・盗難時にもレポート番号から追跡が可能になっている。
(GIA社が提供するオンラインサービス上で確認可)

尚、レーザー刻印は最も目立たない位置に、肉眼では分からないレベルで小さく刻まれるため、品質に影響はない。

これはダイヤモンド鑑定書の偽造が出来ないようにという意味も含まれている。

PROPORTION(プロポーション)

ダイヤモンドの面(ファセット)の面積・比率・角度を表す項目。

COMMENTS/REMARKS(その他/備考欄)

レポート項目以外に記載を必要とするダイヤモンドの特記事項、その他追記を載せる欄。

PLOT(プロット)

ダイヤモンドの内面図とも言えるべき項目。

ダイヤモンドの内包物(インクルージョン)の位置や大きさを示した図である。

形や大きさは同じだが、インクルージョンの特徴まで一致するダイヤモンドは一つとして存在しない。
※合成ダイヤモンドを除く

CGL社のダイヤモンドグレーディングの場合、プロット項目があるものと省略されているものがあるので注意したい。


以上がダイヤモンドの記載項目の内容だ。

英語で書かれており説明などの表記もないため、一見して意味が分からないように思えてしまうが、実際にはこのような内容が記されている。

4Cではないが、プロットは多少ダイヤモンド評価に関係する可能性もある項目だ。

各種項目は、ダイヤモンドの品質鑑定のプロフェッショナルが記したものであり、素人が簡単に判別できない「職人技」である。

ダイヤモンド鑑定書の発行元と読み方まとめ

以上がダイヤモンド鑑定書の読み方、信頼できる発行元の解説でした。

鑑定書が付いているからダイヤモンドの品質が保証されているのではなく「どの機関が発行する鑑定書なのか?」という部分が最も大切だ。

世界中のダイヤモンド鑑定機関は数えきれないほど多くあるが、その多くは今回紹介した代表的な機関と提携しているパターンが多い。

そして、そんな中でもダイヤモンド品質評価「4C」を提唱したアメリカのGIA(米国宝石学会)が総合的に一番信頼される鑑定機関である。
※特定の地域によってはIGI、HRDのダイヤレポートが重視されることもある。

国内ではCGL(中央宝石学研究所)とAGT(AGTジェムラボトリー)の二社が有名。

しかし、世界市場ではまだ信用される鑑定機関として認識されておらず、GIA・IGI・HRDのレポートが求められることが多い。

ダイヤモンドの買取においても、宝石鑑定士が「鑑定書はお持ちですか?」と尋ねてくるのもある意味当然。

鑑定書の無いダイヤモンドを個人が評価するのは非常に難度が高く、それが行えるのであれば鑑定機関など必要なくなってしまう。

なので、鑑定書の無いダイヤモンドは買取拒否されてしまったり、その人の見立てによる価格提示となってしまうので差額が大きく出てしまうのだ。

買取比較王では、写真を元に全国の買取店から査定額をまとめて聞くことが出来る。

差額が大きいダイヤモンドだからこそ、複数の買取業者から条件を提示して貰うと良い結果になるだろう。

気になる方は是非、利用してみて頂きたい。

【買取比較王】(24時間OK 完全無料)
https://hikakuou.me/wp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。