タンスの処分方法「あげる・捨てる・買取」手順と費用一覧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース業界のプロがタンスの処分方法・手順をまとめ紹介します。

初めに、不要になったタンスを処分する時には、主に以下の手段があることを覚えておきましょう。

タンスの処分方法と費用の一覧表

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆
タンスに対応した買取業者へ販売する +0円~? ★☆☆☆☆
ネットオークション・フリマアプリで売る +0円~? ★★★☆☆
不用品回収業者に回収依頼する 3000円~1万円 ★☆☆☆☆
慈善団体/ボランティア団体へ寄贈する 0円 ★★★★★

上記5つの方法が、タンス処分で主に使われる手段たちです。

タンスの処分方法を考えるのであれば、「貴女がタンスをどう処分したいか?」が最も重要です。

タンス処分に求める項目とオススメ方法

【求める項目とオススメの処分方法一覧】

1.お金を掛けずに、自分の都合に合わせて処分したい。

お金を掛けず、一番手軽に処分したいのであれば、「粗大ごみ」として分別して廃棄することが望ましい選択肢になります。

2.手間を掛けずにサクサク処分したい。

手間を掛けずにスグに処分したいのであれば、「不用品回収業者」の利用が最もオススメです。買取業者とは異なり、事前のお手入れなどを行わなくて良いので、手っ取り早く処分するのであれば一番頼もしい存在になるでしょう。

3.遺品等、大切にしていたタンスなので供養したい。

思い入れが強く、タンスに魂が宿るという話がある。供養などの手順を踏んで適切に処理したいと考えるのであれば、「寺院やお焚き上げ業者による処分」が高いが最も良い選択になる。

4.タンスの価値を確かめてから処分したい。

工芸品としての価値が高いタンス※は、美術・歴史的価値があることから中古市場で高額取引されている場合があります。その場合には「ネットオークションやフリマアプリ・買取業者」などを使って販売することも良い手段でしょう。
(※例:市松タンスやひなタンス・海外製のアンティークドール)

5.捨てる・売却ではなく、人に譲りたい。

捨てる・売却(買取)といった方法ではなく、人に譲る形で処分したいのであれば「ボランティア団体」などを通して寄付するという手段がおすすめです。ただし、意外と手間※が掛かることを覚えておきましょう。(※寄付先の選定・団体ごとの規定差、梱包・配送手配などなど)


このように、処分方法には様々な特徴があり、注意すべきポイントも異なります。

今、タンスの処分にお悩みの方は、各項目を一読して最適な処分方法を検討してみましょう。

タンスを粗大ゴミで処分する手順

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆

不要なタンスを処分する上で、最もスタンダードと言っても過言ではない方法、粗大ごみでの捨て方について解説します。

粗大ゴミとして捨てるメリットは、買取が難しい又は望まないタンスを処分する場合に、最も費用が掛からない方法になります。

一方、デメリットとしては自治体が指定する場所へ指定日時に運び出す必要があり、処分には多少の労力が必要です。

粗大ゴミのタンス処分費用はおおよそ5000円~8000円程度、市のリサイクルセンターに持ち込むと2000円程度の費用で割安に処分することができます。

回収日程は委託業者の都合に合わせるため、おおよそ依頼日から2週間程度先になるというのが一般的です。

リサイクルセンターへ持ち込んだ場合は、営業時間内であれば受付てくれるため、自分の都合に合わせて処分することができます。

年末年始などの繁忙期には大変込み合いますので、早めの対処をオススメします

※タンスの持ち込み処分については自治体によって手順が異なるケースがあるので、最寄りのクリーンセンターへ電話連絡し、指示に従って手続きを進めるようにしてください。

それでは、粗大ゴミで処分する手順・注意事項をみていきましょう。

※自治体によって処分費・粗大ごみの規定が異なるため、詳細はお住いのゴミ集積のルールを確認の上、処分を進めるようにして下さい。

1.粗大ゴミの規定を確認し、粗大ゴミ券を購入する。

最初に行うことは、お住いの地域の「粗大ごみ規定」を確認し、必要な金額分の粗大ごみ券を用意することです。

※粗大ゴミ券は各種コンビニ・スーパー・量販店などで取り扱われています。

お住まい地域の粗大ごみ規定及び、集積ルールについては、下記「全国自治体ごみリンク」をご参考にお使いください。

「全国自治体ごみリンク」-日報ビジネス株式会社 より
https://www.nippo.co.jp/gmlink/tod13.htm

※ご近所トラブルの元になりますので、必ずルールを確認の上、手順を進めてください。

2.粗大ごみの集積依頼を行う

タンスに粗大ごみ券を貼り付けた後、粗大ゴミの収集センターに電話して収集依頼をします。

その際に、粗大ゴミの品名・収集場所などを聞かれるので応えましょう。その後、収集日程や注意点の説明がありますので、しっかりとメモをして収集日を待ちます。

尚、電話はかなり込み合っていることが多く、日中~夕方は中々繋がらないことも多いです。昼過ぎや夕方などの込み合う時間を避け、営業開始時間に合わせて早めにお電話することをオススメします。

自治体によって電子申告が可能な地域もあり、インターネット上で収集依頼を届け出ることが可能です。

神奈川県の場合、届け出の受理連絡に合わせて、収集日・必要な粗大ごみ券の枚数が通達されるので非常に便利なサービスです。

登録と収集依頼は即日行えますので、自治体が電子申請に対応しているか確認しておくと良いでしょう。

※電子申請で集積依頼している場合は粗大ゴミ券を貼り付け、申請時にご自身で指定した収集場所(玄関/庭先など)に置くだけで大丈夫です。

収集日が来たら、朝又は前日の夜に指定場所にタンスを搬出し、回収車の到着を待ちます。その後、回収車が収集し、粗大ゴミとしての処分が完了します。

※万が一、未回収だった場合は粗大ゴミセンターに電話で事情を説明し、再度依頼してください。基本的に粗大ごみ券があれば収集してくれるため、再依頼で別途料金が掛かることはありません。


以上が粗大ゴミで捨てる方法と手順です。

粗大ゴミとして処分するには、自治体が指定する場所へ持ち運ぶ必要があるので、搬出が難しい時には不用品回収業者への依頼を検討しましょう。

>>タンスの処分方法と費用一覧に戻る
>>タンスの写真で買取価格を調べてみる
(TOPページより種類「工芸品又はその他」を選んでスタート!)

タンスの買取業者で処分する手順

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆

古いタンスなどの家具は高額で売れる場合があります。

フリーマーケットや不用品回収で処分してしまった後から、「実は価値ある古箪笥だった・・・」という悲惨な例も実際にあったりするのです。

例えば、「エコプライス」さんでは、20万円を超える価格の箪笥が買取されています。


※画像引用「エコプライス

お金をかけて処分するより、まずは一度価値を確かめてから処分しても遅くはありません。

リユース業界のプロとしては、価値を知られずに埋もれる行く商品が少しでも減ることを祈っています。

不用品拐取業者の中には、買取可能なものは「買取」残念ながら価値のない物は処分と分別してくれる業者もいるので、そうした業者の利用もお勧めです。

1.買取業者を探す

まずは「タンス 買取」などで検索し、複数のタンス買取店をピックアップします。

そして、複数の買取店を候補(4社以上)に加えておくようにしましょう。

理由は単純に、買取店毎の価格差を調べてから売却する方が損しないため、鑑定結果を比較するためです。
(数万~数十万の価格差が生まれるケースが多々ある)

更には、古い家具は持ち主がお年寄り、高年齢層というケースがよくあるため、「騙そうとする悪質業者」が一部存在しています。対応を比べることで、こうした怪しい買取業者を省くことが出来ます。

逆に他店を利用していないと悟った業者が、売却を急かしてくるケースもあるので注意しましょう。

<タンス買取店を選ぶポイント>

所謂「なんでも買取店」は避け、家具/家財・骨董品・古美術品などを取り扱う買取店を選ぶことが重要です。タンスの鑑定に関して専門知識が豊富な査定員に依頼でき、タンスに特化した取引ルートを持つ業者を選べるため高価買取に繋がります。

また、複数の候補を見繕った上で、ネットから依頼できる簡単な鑑定(メール鑑定/写真鑑定/LINE鑑定など)を利用し、まずは複数社の結果を見てから本格的な検討を始めることをオススメします。

本格的に検討される際には、業者の住所をGoogleMapで検索して口コミを閲覧したり、SNSで企業名やサービス名を下調べしておきましょう。

買取価格の高さだけではなく、接客の丁寧さや買取価格のブレ幅が小さいなど、価格面以外要素を判断材料に加えると効果的です。

2.タンス買取業者に依頼し、鑑定前の準備を行う

買取業者の候補が絞り終わり、売却先を決定したら買取依頼の連絡をし、相手方に引き渡す準備を行います。

※配送で買取を行う場合、タンスなどの大型家具は送料負担が「どちらなのか?」を絶対に確認しておくにようにしよう。買取不成立の場合、着払いで返送されるトラブルもある。古本買取などで見られる手法だが、最近様々な分野でこうした返送時の手数料トラブルが増えているので注意しよう。

ここで行う準備とは、付属品の確認やタンスの状態確認・タンスの写真撮影など。

買取前のお手入れについては、綺麗な布で軽くはたく程度にし、ゴシゴシ磨くことは避けるように。結果として新しい染みや傷に繋がってしまう他、塗装が剥げてしまうことがある。

こうなっては鑑定評価に悪影響なため、軽いお手入れ程度で十分だろう。

【準備1】付属品の確認
中古品の買取においては、買取対象の商品と共に付属品(箱・小物・説明書など)の有無が重要視されます。

特にタンスなどの工芸品・美術品などは真贋の鑑定際して必要なこともあり、付属品はなるべく全て揃えるべきです。今一度、タンス本体と一緒に付属されていた備品を確認しましょう。

※買取店に鑑定の内訳を聞くと、備品にも値段が付けられていることが分かります。付属品が全て揃った状態の品物は、美品としてプレミア価値が付くこともあります。美品かつ、本体や備品の状態が非常に良好であれば、完品として更に付加価値がつくことも。

【準備2】状態確認・写真撮影
送り出した時の製品状態をいつでも見れるようにしておきましょう。

付属品の確認が終わり次第、タンス本体と全備品の状態確認と写真撮影を行います。汚れ・染み・傷・破損している場所は全て写真に収めておくと良いです。万が一、タンス買取店が鑑定中に傷つけてしまったり、宅配業者が運送中に起きた汚損・破損などのトラブルが起きた時に、しっかりと確認・証拠提示することができます。

また、鑑定依頼した業者から染みや傷が原因で減額すると説明されたときに、「相手側の指摘が正しいのか?」という疑問も写真を見返すことで解決しますので、おすすめです。

「そんなこと滅多にないだろう」とお考えの方も多いと思いますが、リユース業界では度々こうしたトラブル事例を耳にすることがありますので、念のためにやっておくことを推奨します。

3.業者の買取額を確認し、最終売却先を決める

鑑定の準備が終われば、後は買取業者へ発送し、本鑑定後の買取価格が提示されるのを待ちましょう。

買取業者側も、本鑑定後にそのまま売却してくれるユーザーが多いのは分かっているため、安い金額を提示してくる悪質店も存在しています。

売却を急かしてきたり、今売らないと損だと思わせる相手の口車に気を付け、冷静に判断するようにしましょう。

売却先を決めた後は、買取金額の振込先・振込日を必ず最終確認し、売却を実行して完了です。


以上がタンス買取業者に依頼する場合の手順、準備についてです。

まずは複数社へ簡単な鑑定依頼を送り、その対応や価格帯をチェックした上で、インターネットの口コミを見て候補を絞ることが大切です。

各社比べると買取価格に大きな開きがあることが分かりますので、複数社への鑑定依頼はとても重要なので、必ずやっておきたいところですね。

>>タンスの処分方法と費用一覧に戻る
>>タンスの写真で買取価格を調べてみる
(TOPページより種類「工芸品又はその他」を選んでスタート!)

フリマアプリ・オークションで処分する手順

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆

フリマアプリ・オークションで処分するという方法もあります。
※タンスは大型の家具ですが、問題なく出品可能です。

買取店の利用や不用品回収業者への依頼と異なり、自分で売価を設定して販売することが出来るため、上手く使える人にとっては便利なツールと言えるでしょう。

しかし、手軽な一方で個人間取引にはトラブルが付き物です。
商品状態・送料負担・到着連絡の有無などは必ずよく確認しておきましょう。

1.フリマアプリ・オークションサイトを選ぶ

まずは、数多くあるフリマアプリ・オークションサイトの中から「どこで売るか?」を決めます。

主要なサービスを抜粋したので、下記を参考に販売先を考えてみましょう。

【主なオークションサイト・フリマアプリ一覧】
※出品・販売手順については、各サービスの詳細ページをご覧の上、進めてください。

ヤフオク

2020-04-08_16h32_59

サイトURL https://auctions.yahoo.co.jp/
運営社 ヤフー株式会社
販売方法 オークション・フリーマーケット形式の2種類
使えるポイント・決済 Tポイント・PayPay

言わずと知れたネット業界最大手のオークションサイト「ヤフオク!」

1998年にアメリカでサービスを開始し、現在に至る古参サービスでもある。

決済手段・提携社数共に国内TOPクラスであり、幅広い商品が売買されている。

Yahoo!プレミアム会員になることで手数料負担が軽減されるなどの特典もある。

>>各社の手数料一覧はこちら

メルカリ

2020-04-08_16h37_49

サイトURL https://www.mercari.com/jp/
運営社 株式会社メルカリ
販売方法 フリーマーケット
関連するポイント・決済 メルカリポイント、メルペイ

フリマアプリといえば「メルカリ」

物流業界や小売店との提携・メルペイなどの独自決済手段も取り入れる前衛的サービスである。

利用者のモラルが問題視されることも度々あるが、スマホ1台で完結する個人取引として、若者を中心に利用者層が広まっている。

アプリだけでなく、WEBサービスとしても利用可能なため、高齢層のユーザーも増えてきているという。

>>各社の手数料一覧はこちら

モバオク

2020-04-08_16h42_50

サイトURL https://www.mbok.jp/
運営社 株式会社モバオク
販売方法 オークション
関連するポイント モバオクポイント

モバオクは「iTunes決済」「Google Play決済」などの支払い方法に対応している便利なオークションアプリだ。

Webサービスとしても展開しており、無料会員登録を行うことで利用可能。

無料会員では利用制限があり、「iTunes決済」「Google Play決済」の利用や上限無しの取引には有料プラン(月額330円)への登録が必要になる。

利用登録から取引スタートまでが早いのも楽で良い。

>>各社の手数料一覧はこちら

ラクマ(旧名:フリル)

2020-04-08_16h48_46

サイトURL https://fril.jp/
運営社 株式会社Fablic(楽天グループ)
販売方法 フリーマーケット
関連するポイント フリルポイント、楽天スーパーポイント

楽天グループが運営する「ラクマ」

国内でも利用者数が多い楽天ポイントと提携したことで、利用者が一気に増えて活気あるマーケットになった。

翌月に支払う後払いサービスの利用も可能であり、楽天会員であれば登録もスグに完了するため使い勝手が良い。

運営であるラクマの公式ショップによる出店もあり、ユーザーから買い付けた商品をお得に販売していることもあるので、チェックする価値はある。

>>各社の手数料一覧はこちら

PayPayフリマ

2020-04-08_16h52_58

サイトURL https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/
運営社 ヤフー株式会社
販売方法 フリーマーケット
関連するポイント PayPay

宮川大輔が出演するCMでお馴染みの「PayPay」が代名詞のフリーマーケット。

運営元はヤフー株式会社であるが、ヤフオクと異なりフリーマーケットで一本勝負している。

初回購入者限定の50%OFFクーポンや、PayPayが行うお得なキャンペーンによって多くの利用者を確保、勢いそのままに急拡大しているサービスの一つ。

ヤフオクのインフラを流用することで、物流や小売店との連携もかなり進んでいるため、新サービスながら利便性が高い。

更に送料は全品無料となっており、匿名での配送が可能という使いやすさも評価されている。

>>各社の手数料一覧はこちら

【各サービスの手数料一覧】

決済方法
買う
売る
月額
取引完了
月額
取引完了
ヤフオク

(オークション)

0円
0円
0円
8.8%
ヤフオク

(フリマ)

0円
0円
0円
10%
508円(税込)※1
8.8%
メルカリ

(フリマ)

0円
0円
0円
10%
モバオク

(オークション)

330円(税込)※2
200円
330円(税込)※2
0円
ラクマ

(フリマ)

0円
0円
0円
3.5%
PayPayフリマ

(フリマ)

0円
0円
0円
10%

(表・注釈出典:https://n10shop.com/post-20732/)
※自動車、オートバイなどの出品には別途手数料が掛かります。
※1.Yahoo!プレミアム会員
※2.モバオク会員

大体が売却取引時に手数料として割合請求される仕組みになっている。

モバオクだけが売却取引時の手数料がなく、購入取引と月額利用に対して手数料が発生するという仕組みのようです。

ヤフオクはオークション・フリーマーケット方式の二種類から選べます。手数料も変わってくるので都合に合わせて選びましょう。

2.売価を調べて出品する

利用サービスを決めた後に、出品する商品の売価を調べて実際に出品します。
※出品方法はサービスによって異なるため、詳細は各サービスの説明項目をご覧ください。

中古品であれば、商品状態は特に重要になるため、傷やシミは隠さずに全体の写真を撮影しておきましょう。

送料負担・返品・発送時期についても明記し、後からトラブルが起きないように工夫します。

あとは、品物が売れるように説明文を書いて出品、売れるのを待つだけです。

3.購入者への発送と取引完了

無事に購入されれば、状態や送料負担を再確認した上で購入者の元へ発送し、相手側に到着すれば取引完了です。

念のため、配送通知が可能な発送サービスを利用することをオススメします。

>>タンスの処分方法と費用一覧に戻る
>>タンスの写真で買取価格を調べてみる
(TOPページより種類「工芸品又はその他」を選んでスタート!)

不用品回収業者で処分する手順

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆

不用品回収業者での処分は、一番手間を省いて処分出来る方法です。

粗大ゴミと異なり、費用はやや高くなりますが「収集場所への移動不要」「粗大ゴミ不可品物も可」という部分は他には無いメリットと言えます。

場合によっては、買取可能なものは代金から値引きする形で引き取ってくれる場合もあるので、お得に処分できることもあるのです。

1.依頼する不用品回収業者を探す

まずは、依頼する業者の選定を行います。
選ぶ際のポイントとして、下記3つのポイントが重要です。

・業者の公式HPにある料金体系が明瞭であるか
・口コミサイトやSNSに悪評が多くないか
・一社だけでなく、複数の業者に連絡する

まず、作業料金が不明瞭である業者は避ける方が無難です。
もちろん、ケースバイケースが多い業種ではありますが、作業範囲・人数・回収車のサイズなどによる料金が記載されていたり、作業事例と料金がセットで紹介されているなど、価格の目安になる物がちゃんと明示されている業者は信頼できます。

次点は、口コミサイト・SNS(Twitter/Instagram)によるセルフチェックです。
実際に利用したユーザーの声を参考に、採用する業者を検討しましょう。SNSでは画像や動画など文章以外での情報を得ることができるため、より信憑性が高いソースから業者選びが行えます。

最後は、一社だけの見積もりで業者を決めず、複数社に連絡をすることです。
これは業者毎の見積もり価格に開きがあるのと、比較されることを露骨に嫌がる買取店が存在することが理由です。後記する「おおよその費用相場」で紹介しているリンク先を見て頂ければわかりますが、各社千~万単位で価格が異なります。更に、他社と比べることを伝えた時に露骨に嫌がる業者は、基本的にサービスに自信が無い業者であるため避けた方が無難でしょう。(即決を迫ってくる業者も同様です。)

以上が業者選びで大切なことです。

2.費用の確認と作業日の決定

先方からの価格提示があれば、下記目安表を参考に作業費が高くないか確認します。
※中には、訪問見積もりを強要してくる悪質業者もいるので注意が必要です。

【おおよその相場について】※地域によって変動あり

0.8立法メートルあたり(台車1台分程度)
12,000円~14,000円前後

軽トラック積み放題
15,000円前後

2トントラック積み放題
30,000円~45,000円

先方の提示額が問題ない範囲であれば、作業日を決定してその日を待つだけです。

オススメの業者探し方法

筆者が調べた限り、「くらしのマーケット」というサイトでは、料金をサイト内で一気に比較し、口コミも参照できるため、下記URLを参考に比較・検討されることをオススメします。

【くらしのマーケット】

軽トラック詰め放題
https://curama.jp/disposal/truck/

2tトラック詰め放題
https://curama.jp/disposal/2ttruck/

あとは、予約当日に業者が来るのを待ち、不用品の回収作業を行うのみです。
不要なトラブルに巻き込まれないよう、しっかりと業者を吟味して依頼しましょう。

>>タンスの処分方法と費用一覧に戻る
>>タンスの写真で買取価格を調べてみる
(TOPページより種類「工芸品又はその他」を選んでスタート!)

タンスをあげて処分する手順

手段 費用 手間
各自治体の粗大ごみ 600円~ ★★★★☆

最後は、タンスをあげて処分する方法です。

タンスの寄付を受け付けている慈善団体や、企業に譲渡することができます。

※団体によって寄付可能なタンスが異なります。市場価値が残っている品物に限って寄付を受け付ける団体もあるので、よく確認しておきましょう。

寄付を受け付けている団体には、寄付されたタンスを売却し、その一部を募金する形式であったり、寄付品をそのまま再利用する団体などがあります。

団体ごとに、寄付後の用途が異なりますので、ご自分の価値観に合う慈善団体を探してみましょう。

1.タンスの寄付を受け付ける団体を探す

まずは、タンスの寄付を受け付ける団体を探すところから始めましょう。

候補としていくつか例を挙げますので、参考にして頂けると幸いです。

【タンスの寄付を受け付ける団体】
※最新情報を必ず問い合わせの上、寄付を行ってください。

「災害支援リサイクルセンター」
※情報出典:http://recycling-center.net/

2020-04-08_17h30_55

団体名
災害支援リサイクルセンター
公式サイト
活動報告
運営元
合同会社iNatural
取扱品目
ギフト・進物、陶磁器類、カメラ、ブランド品・貴金属、衣料品・服飾雑貨、楽器、生活家電、デジタル家電、ゲーム・DVD、携帯・スマホ・タブレット、スポーツ・アウトドア用品、カー用品、インテリア雑貨、おもちゃ類、レコード・CD、古書・漫画
団体の目的
災害支援リサイクルとは、ご家庭に眠っている不用品を、全国の提携リサイクル業者への販売やネット販売等で現金化し、その収益金の一部を震災・災害で苦しんでいる地域の皆様へ還元していくプロジェクトです。皆様のご協力をお待ちしております。


「不用品の物品寄付で明るい社会を築く会」
※情報出典:https://kizuna-npo.org/

2020-04-08_17h39_04

団体名
不用品の物品寄付で明るい社会を築く会
公式サイト
活動報告
運営元
NPO法人 不用品の物品寄付で明るい社会を築く会
取扱品目
キッチン用品、ギフト・贈答品、ベビー用品、衣料・服飾、生活雑貨、家具、時計、おもちゃ・ゲーム、介護用品、工具・農機具、小型家電、スポーツ用品、楽器、アウトドア用品、その他
団体の目的
わたしたちNPO法人 不用品の物品寄付で明るい社会を築く会は、名前の通り、みなさまの不用品を寄付していただくことを社会貢献に繋げることを目的とした団体です。
ただ寄付していただいた不用品をそのまま使用するのではなく、換金して改めて他の社会貢献団体・社会福祉法人等に寄付する、「ゴミが減る」「わたしたちの社会貢献」「寄付先からのさらなる社会貢献」を実現した、独自の取り組みを行っています。

ご家庭で不要になったものを集めて現金化し、NPO法人・社会福法人などの団体へ寄付する団体です。生活雑貨・家具・文具・楽器など、多品目寄付に対応しています。

「ECO Trading」
※情報出典:https://www.ecotra.jp/greeting.html

2020-04-08_17h45_03

団体名
ECO Trading
公式サイト
活動報告
http://www.ecotra.jp/comm/philanth.html
https://www.facebook.com/ecotradingeng/
運営元
株式会社ウォーク  WALK Co.,Ltd.
取扱品目
中古食器・ぬいぐるみ・子供服(夏服)・おもちゃ・調理器具・ランドセル・ベビー用品・靴・バッグ・衣類・工具・置物・その他(壊れたり極端に汚れていないものなら殆どなんでもお引き受けできます。)
団体の目的

地球環境のことを考えれば、リサイクル(再資源化)よりも断然リユース(再利用)。

まずは地球環境にやさしい『捨てない・燃やさない』生活からはじめませんか? 世界にはあなたの不用品を必要としている人がいます!
ぬいぐるみや玩具、鍋やフライパンなどの調理器具をはじめ、バッグやサングラス、時計、アクセサリーなどの服飾雑貨、洋食器、ベビー用品、楽器や工具まで、様々なものがアジアの子どもたちの生活に役立てられます。

寄付先の候補が見つけたら、次のステップに移ります。

2.寄付の状況と受付・送料負担の確認

まずは、現在もそのボランティア団体が寄付を受け付けているのかを確認します。

受け付けているようであれば、大型家具であるタンスをどのように送るか確認し、合わせて送料の負担がどちらになるのかを確認しておきましょう。

ボランティア団体が直接引き取りにくる場合は大丈夫ですが、家財宅急便などを利用して送付する場合、宅急便の送料が大きな負担となります。

最悪、トラブルに発展してしまったケースもありますので、送料負担は事前によく確認するようにしておきましょう。

3.発送して処分完了

あとは、先方より指定された方法で荷造りし、集荷又は引き取りを待つだけです。

到着の確認が取れれば処分終了となります。

不要になったものを活かすことは「日本人の勿体ない精神」として大切なことです。

>>タンスの処分方法と費用一覧に戻る
>>タンスの写真で買取価格を調べてみる
(TOPページより種類「工芸品又はその他」を選んでスタート!)

タンス処分方法と手順のまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は処分に困るタンスの捨て方に関する方法・手順についてご紹介しました。

リユース業界のプロとして最もオススメする方法は、まず買取業者に鑑定依頼し、価値を確かめてから処分方法を考えることです。

「うちにあるタンスに価値がつくの?」と思った方、ご安心ください。

箪笥などの大型家具は元値も高いため、保存状態が悪くなければ比較的、市場価値が付きやすい商品です。

どのみち、粗大ゴミ・不用品回収で処分するにも費用が掛かるのであれば、まずは売れるか試してみることをオススメします。

その際には、複数社に鑑定してもらい、鑑定結果を比べることをお忘れずに。

写真で今すぐタンスの鑑定価格が聞ける「骨董鑑定の窓口」の利用がオススメ。

骨董鑑定の窓口は全国の買取事業者と提携し、一度の申し込みで全国の業者に鑑定価格を尋ねることが出来るというサービスを展開している。

鑑定結果を比べて、より良い条件で売ることができるため、一番高い買取価格がスグわかる。

買取業者側にも競争原理が働き、より良い条件で勝負してくれるため、通常の鑑定よりも高くなる可能性にも期待できる。

利用は完全無料なので、タンスの価値が気になる方は写真を撮って鑑定価格を聞いてみよう。

【骨董鑑定の窓口】※買取比較王の系列サイトです。

https://brand-satei.me/kotto/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。