高額買取が狙える記念切手の種類・価格一覧!歴代No.1は3億円の価値!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の目次

プレミア価値のある記念切手の種類・価格一覧

【高額買取の記念切手一覧】
※主要なものを抜粋しています。

名称 (正式名)発行年額面買取価格
昭和ご婚儀
(東宮御婚儀祝典紀念切手)
未発行8銭¥1,000,000
逓信記念日
(逓信記念日制定記念切手)
1934年4月20日¥125,000
昭和立太子札
(裕仁立太子記念切手)
1916年11月3日10銭¥120,000
飛行試行
(飛行郵便試行記念切手)
1919年10月3日3銭¥85,000
第2回国体
(第2回国民体育大会記念切手)
1947年10月25日¥55,000
郵便創始50年
(郵便創始50年記念切手)
1920年4月20日10銭¥40,000
犬山こども博
(犬山こども博覧会記念シート)
1949年5月5日¥35,000
関東局30年
(関東局始政30年記念切手)
1936年9月1日10銭¥25,000
切手趣味週間1954
(切手趣味週間記念切手)
1954年11月20日¥20,000
日韓通信合同
(日韓通信業務合同記念切手)
1905年7月1日3銭¥15,000
UPU加盟50年
(万国郵便連合加盟50年記念切手)
1927年6月20日10銭¥15,000
郵便創始75年
(郵便創始75年記念切手)
1946年12月12日¥14,000
東京切手展1947
(東京切手展記念切手)
1947年5月15日¥14,000
第5回国体
(第5回国民体育大会記念切手)
1950年10月28日¥14,000
明治銀婚
(明治天皇銀婚記念切手)
1894年3月9日5銭¥12,500
日清戦勝
(日清戦争勝利記念切手)
1896年8月1日5銭¥12,500
日露戦役凱旋
(日露戦争凱旋観兵式記念切手)
1906年4月29日3銭¥12,500
UPU加盟50年
(万国郵便連合加盟50年記念切手)
1927年6月20日6銭¥12,500
切手趣味週間1949
(切手趣味週間記念切手)
1949年11月1日5円¥12,500
電気通信展
(伸びゆく電気通信展・小型シート)
1949年5月11日20円¥12,000
観光地百選シリーズ1951年~24円¥12,000
大正銀婚
(大正天皇銀婚記念切手)
1925年5月10日20銭¥10,000

現在でも高価買取の記念切手をまとめてみた。

どれも1万円以上の買取価格となっており、後々まだ値が上がりそうな切手も一部ある。

それでは、紹介している切手たちを紹介していこう。

普通切手の額面と買取価格について

記念切手以外の普通切手であれば、基本的に町中にあるチケットショップやネットショップに売却可能だ。

買取価格のイメージとしては、時期を間違えなければシート状の普通切手は額面の80%~90%で売却できる。

バラ切手であれば60%~70%台にまで落ち込むため、シート状をなるべく維持しておくようにしよう。

ただし、郵便料金の改定されたため、従来の額面は不便で需要が落ちる。買取価格は残念ながら安くなってしまうだろう。

昔とっておいたコレクションなどは、下手に触らずそのまま買取店の査定を受けると良い。

「昭和ご婚儀」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
昭和ご婚儀
(東宮御婚儀祝典紀念切手)
未発行8銭¥1,000,000

通称「幻の切手」と呼ばれる伝説の記念切手。

それがこの「東宮(昭和天皇)御婚儀祝典紀念切手」である。
大正12年(1923年)の11月のご婚儀に合わせて制作された記念切手であったが、同年9月に関東大震災が発生してしまい、ご婚儀は延期し、発行も中止された。

そして、日本国が保管していた原版や生産済み切手は火災によって焼失してしまい、未発行のまま絶版状態になっている。

唯一、南洋諸島に発送していた切手だけが現存されており、後に東京への返却されたものが現在でも残っている。

切手博物館に保管されるほど貴重な切手であり、皇室へも献上された品となっている。

噂では、現存数は1000組程度、今となってはその半数以下しか残っていないだろう。

こうした事情もあり、買取価格は100万円と異常な価格になっている。

切手コレクターも中々お目に掛れない、まさしく幻の記念切手だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「逓信記念日」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
逓信記念日
(逓信記念日制定記念切手)
1934年4月20日¥125,000

日本で初めて発行された小型シート切手として、コレクター界では有名なプレミア切手の一つ。

現状の流通量は極僅かであり、状態の良い美品に至っては年に一回出会えるかどうかだ。

1934年の発行だが、新規デザインされた物ではなく、かつて絶大な人気を誇った「航空切手」の図柄を流用している。

そのため、発行当時から注目度が高く、今なお欲しがる収集家の多い切手になっている。

知名度も高い切手なので、状態が良ければ参考買取価格よりも高値で売れることもあるだろう。

10万円越えのプレミア切手はそう多くないため、シミや焼けなどから守って大切に保管しておきたい一品と言えよう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「昭和立太子札」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
昭和立太子札
(裕仁立太子記念切手)
1916年11月3日10銭¥120,000

10銭・3銭・1.5銭の3種類ある「裕仁立太子記念切手」

その中でも最も有名なのは10銭切手であり、「儀式のかんむり」と呼ばれる有名なプレミア切手である。

3銭・1.5銭は共に500万枚以上発行されているが、最も額面が高い10銭は8.6万枚ほどしか発行されていない。

そのため、入手が難しいことは勿論、現在流通している美品も数少ない希少品なのだ。

買取価格も10万円を超える価格帯になることもあり、プレミア切手界でも著名な逸品である。

ちなみに、3銭・1.5銭も僅かながらプレミア価格がついており、1枚数百円程度の価格帯で取引されている。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「飛行試行」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
飛行試行
(飛行郵便試行記念切手)
1919年10月3日3銭¥85,000

1919年、日本で初めて”航空郵便”と呼ばれる「航空機で郵便物を輸送する」郵便業務の試行が東京~大阪間で行われた。

そして、航空郵便のための新しい切手様式として「航空切手」を生産するにあたり、試行用として作られたのがこの飛行試行記念切手である。

発行枚数は、試行用ということで少なく、「1銭5厘 5万枚」「3銭 3万枚」の僅かな枚数が飛行試行が行われる東京・大阪の郵便局で限定発売された。

当時大きな話題になったことは勿論、人気品となり即完売。

元々の入手難易度が高いこともあって希少価値が大きく付いているようだ。

1銭5厘の方も高額買取が期待できるため、大切に保管しておくようにしよう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「第2回国体」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
第2回国体
(第2回国民体育大会記念切手)
1947年10月25日¥55,000

当時、石川県で行われた第2回国民体育大会を記念して発行されたシート状の記念切手である。

切手にはダイビング・ハードル・円盤投げ・バレーボールに勤しむ人の姿が描かれており、50万組み発行されている。

比較的発行されている点からして買取価格が高いと思う人もいるようだが、カタログ販売されていた80枚シートの価格は28万円と、当時とても高価な品物であったことが関係している。

使用済み・バラ切手はそこまで高価ではないが、80枚シートの価格は現在もなお5万円を超える価格帯で取引されている。

そのため、間違ってもバラ状にしないように取り扱いには注意すべき切手である。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「郵便創始50年」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
郵便創始50年
(郵便創始50年記念切手)
1920年4月20日10銭¥40,000

その名の通り、日本国の郵便事業50周年を記念して発行された記念切手である。
※1銭5厘、3銭、4銭、10銭の計4種類・2つの図柄が存在し種類がやや多い。

1銭5厘・3銭は545万枚の発行だが、4銭は23万枚、10銭は10万枚の発行と数がどんどん絞られている。

そのため、10銭の郵便創始50年切手は希少品としてプレミア価値が付いているという訳だ。

更に、当時の日本の印刷技術では図柄を正確に印字することが難しく、印刷位置のズレが多い傾向にあった。

そのため、切手シートに対して図柄が綺麗にセンター印刷されているものは、コレクターにより好まれるため、付加価値が更に生まれている。

10銭以外にも、発行枚数の少ない4銭はプレミア価値がある切手の一つだ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「犬山こども博」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
犬山こども博
(犬山こども博覧会記念シート)
1949年5月5日¥35,000

こども博覧会を記念して発行された記念切手だが、注意点がある。

この切手は小型シートタイプの切手と、通常の記念切手の2パターン発行されており、小型シートタイプが高額買取となる。

通常の記念切手は発行枚数300万枚と量産されているため、比較的流通しているのだが、小型シートタイプは発行枚数10万枚と1/30しか出回っていない。

上記理由から、切手コレクターが求めるのは小型シートタイプであり、プレミア価値もシートタイプ以外は見込めないだろう。

小型シートタイプは博覧会の開催に合わせて急ごしらえで制作され、販売場所も限られていたこともあって、当時から入手難易度の高い切手の一つであった。

使用済みの場合でも高額買取になるケースが多いため、綺麗に保管しておくべきだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「関東局30年」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
関東局30年
(関東局始政30年記念切手)
1936年9月1日10銭¥25,000

中国切手の一つである「関東局始政30年記念切手」は、当時の関東局(※)の政治30年を記念して発行された記念切手。
※中華人民共和国の大連市を拠点に、中国の一部を治めていた日本の政府機関

発行枚数が少ない中で、日本では通信販売のみ行われたため、発行当初からプレミア価格が付けられていたようだ。

特に10銭の額面は発行枚数5万枚と少なく、その希少価値はかなり高い。歴史的な価値もあり、その他の額面もこれに準ずるプレミアを有している。

日本が盛況を誇った時代を象る価値ある一品、大切に保管しておこう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「切手趣味週間1954」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
切手趣味週間1954
(切手趣味週間記念切手)
1954年11月20日¥20,000

プレミア価値のある切手が数多くある「切手趣味週間シリーズ」

その中でも初期の記念切手は特に希少価値が高くなっている。

1954年に発行された切手趣味週間は「法隆寺観音菩薩像」が図柄になっており、5万~6万部の発行に留まっている。

そのため、現在の入手は難しく、コレクターが求める美品は更に希少とされる。

「見返り美人」や「ビードロ娘」、「海老蔵」などの有名品と比べれば知名度は低いものの、買取価格はこれらを上回るケースが出てきている。

状態が悪い物でも数千円の値が付くため、諦めずに査定依頼してみるといいだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「日韓通信合同」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
日韓通信合同
(日韓通信業務合同記念切手)
1905年7月1日3銭¥15,000

日本で発行された記念切手の中でも古株で、4番目にあたる切手である。

当時、大韓帝国の通信事業を日本が委託されたことを記念して発行された切手であり、販売枚数は148万枚。

韓国内では過半数の約80万枚が売れたとされており、日本国の発行ながら海外での流通量の方が多いという珍しい切手でもある。

こうした理由から、国内での流通量が元から少なく、現存される美品に高い希少価値が付いているのだ。

使用済みだったり、多少状態が悪い物でも高く売れるため、大切に保管しておきたい切手の一つだ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「UPU加盟50年」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
UPU加盟50年
(万国郵便連合加盟50年記念切手)
1927年6月20日10銭¥15,000

UPU(万国郵便連合)に日本が加盟してから50年を記念して発行された記念切手。

UPUは国連組織の一つであり、国際郵便に関する事業を各国間で調整している団体だ。

複数の額面が発行されているが、最も額面の高い10銭が一番高価である。

90年以上前に発行された切手のため、現存数はかなり少数となっており、切手コレクターからも人気がある切手になっている。

全ての額面が揃っている状態であれば、付加価値が付いた買取価格になると予想される。
(1銭5厘、3銭、6銭、10銭の計4種類)

年々良品の数は減るため、大切に保管しておきたい切手である。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「郵便創始75年」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
郵便創始75年
(郵便創始75年記念切手)
1946年12月12日¥14,000

郵便創始75年切手は、戦後初めて発行された記念切手であり、終戦直後の復興真っただ中だった時代に発行された歴史ある一品。

元々は75周年を記念したキャンペーンを行うこと計画していたが、戦後間もないということもあり頓挫、代わりに日本橋の三越百貨店で記念展覧会を開催するという形に。

その展覧会で「会場限定品」として発売されたものが、この「郵便創始75年記念切手」の”初版”と呼ばれており、切手の印刷が間に合わず1日1000枚程度の販売しか行われなかった幻の記念切手だ。

購入希望者の多さに、切手交換券の配布を行って後日販売された”後版”とはデザインが微妙異なり、初版の方がプレミア価値が高い。

ちなみに、切手の中では珍しく「使用済みシート」であると更に希少価値が高くなる。

古い手紙や切手コレクションがあれば、是非探してみて頂きたい一品だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「東京切手展1947」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
東京切手展1947
(東京切手展記念切手)
1947年5月15日¥14,000

1947年「郵便切手を知る展覧会」が日本橋の三越で行われたことを記念して発行された。

切手の図柄には、コレクター人気が高い「法隆寺五重塔(30銭切手)」が使われており、発行当時から購入希望者が多かった品物の一つである。

戦後間もない時期ということもあり、発行枚数30万枚を入手できたのは「生活にゆとりがある一部の人」であったことから、誰でも手に入るものではなかった。

今からは約70年以上前に発行されたものになるため、保存状態が良い品物は希少価値が高い。

1947年に発行された切手は特にプレミア価値が見込める品物が多く、切手コレクションの中に1947年発行の切手があれば査定に出してみると良いだろう。

また、1981年にも東京切手展の記念切手が発行されているが、こちらは1947年と違いプレミア価値は数百円~数千円程度と低めである。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「第5回国体」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
第5回国体
(第5回国民体育大会記念切手)
1950年10月28日¥14,000

国体記念切手シリーズの中でも、一番価値があるという買取店も多い切手だ。

第5回国体記念切手からは、1シート80面→1シート20面に大幅変更されており、発行枚数もかなり少ない。

中でも、4連の田型や連刷りされているものは更にプレミア価値が付いており、14,000円を上回る買取価格も見込める。

ちなみに、国体記念切手シリーズのプレミア価値は第2回~第5回あたりまでである。
※第1回の国体記念切手は未発行のため存在していない。

他の国体記念シリーズとまとめて売ると高価買取に繋がりやすいため、他にもあれば一緒に査定へ出してみることをオススメしたい。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「明治銀婚」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
明治銀婚
(明治天皇銀婚記念切手)
1894年3月9日5銭¥12,500

日本で初めて発行された記念切手「明治銀婚記念切手」

1894年(明治27年)に、明治天皇・皇后の結婚25周年を祝う式典を記念して発行されたもので、2銭・5銭の2種類が発売された。

1890年代の日本では”記念切手”という概念が無く、当時の在留外国人の希望により実現したという逸話がある。

海外では祝賀行事・国家行事を記念して切手を発行する文化が既にあった。日本にはそうした切手が無いことを不思議に思った、一人の外国人の新聞投書が話題となり、ついには国家が動き出して発行に至っている。

当時の印刷局は、祝賀開催までの期日に追われながら、不慣れな業務を行うことになり、通常2~3か月程度必要な原版を5日間で突貫制作した。

こうして、日本初の記念切手が発売されることになり、新聞の投書も話題となり購入希望者が殺到、後に切手ブームが巻き起こる一つのキッカケになっている。

上記理由から、現代においても、元祖記念切手として人気であり、プレミア価値が高く付いているという訳だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「日清戦勝」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
日清戦勝
(日清戦争勝利記念切手)
1896年8月1日5銭¥12,500

日本で2番目に発売された記念切手が、この「日清戦争勝利記念切手」である。

日本の切手で初めて人物像が図柄に採用された切手であり、日清戦争を勝利に導いた功労者の「有栖川宮熾仁親王」「北白川宮能久親王」が描かれている。

また、皇族の肖像が用いられているため、「消印が顔に重ならないように」と郵便局員たちが苦労していたという話もある。

特別な切手として扱われているので、紙は海外製の高級品且つ、特別な製法を用いて発行された切手なのだ。

戦争の勝利、そして皇族への畏敬から購入希望者が殺到し、記念切手としては異例の8か月間に渉って生産・販売されていた名品。

発行から120年以上経過しているため、長期間発行していた割にはプレミア価値が高くなっている。

綺麗に保管されている美品は極僅かであるため、大切に保管する価値がある切手の一つ。

エラー印刷された珍品はとても高価になる可能性があるため、使用済みでも査定に出してみると良いだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「日露戦役凱旋」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
日露戦役凱旋
(日露戦争凱旋観兵式記念切手)
1906年4月29日3銭¥12,500

大日本帝国がロシア帝国との戦争終結(優勢)を記念して発行された切手である。

額面は1.5銭・3銭の2種類が発行されており、発行枚数の関係から3銭の方が希少価値が高い。
(1.5銭291万枚 3銭108万枚)

この後、大日本帝国は「五大国」と呼ばれる世界屈指の列強諸国として名を連ねている。

日本が乗りに乗っていた時期ということもあり、戦争記念の切手は人気が高まっていた時期でもあったようだ。

こうしたことも影響し、歴史的な価値からもプレミア価値の高い記念切手として、現代でも名を連ねている。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「UPU加盟50年」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
UPU加盟50年
(万国郵便連合加盟50年記念切手)
1927年6月20日6銭¥12,500

UPU(万国郵便連合)に日本が加盟してから50年を記念して発行された記念切手。

10銭の方が価値は高いが、6銭はその次にプレミア価値が付いている。
(発行図柄は「1銭5厘・3銭」と「 6銭・10銭」で異なっている)

10銭・6銭は「世界地図とハト」がデザインされた切手。
1銭5厘・3銭は「前島密の肖像画」がデザインされた切手になっている。

この中でも人気が高いデザインだったのは「世界地図とハト」であったため、10銭と6銭の切手はプレミア価値が高い。

この後に、UPU加盟75年・100年記念の切手も発売されており、プレミア価値が付いている種類もあるので、見かけたら査定に出してみると良い。

全ての額面が集まっている場合はコレクター価値が高まるため、高価買取が期待できるだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「切手趣味週間1949」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
切手趣味週間1949
(切手趣味週間記念切手)
1949年11月1日5円¥12,500

超有名切手「月に雁」と言えば切手趣味週間シリーズの1949年に発行された切手である。

「見返り美人」たちと並んでプレミア切手の話が出るたびに引き合いに出されることも多い名品であり、漫画「ドラえもん」にも登場したことがあるお宝。

大きさが通常の切手サイズと異なり縦長である特徴から、区別がつきやすい。

「見返り美人」の翌年に発行された切手で、サイズの関係上特殊な型を用いていることから、発行部数が少なくプレミア価値が高く付いている。

過去の切手収集ブームは既に一段落しているが、再来はあるのだろうか。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「電気通信展」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
電気通信展
(伸びゆく電気通信展・小型シート)
1949年5月11日20円¥12,000

発行枚数15万枚と少なく、従来の通信展とは異なりオリジナルの図柄が用いられた切手である。

この展覧会を最後に、博覧会切手が発行されることはなく、事実上最後の博覧会切手となった。
(切手博覧会では、会場限定の記念切手が発売されることが恒例であった。)

額面は20円と、当時の郵便料金では「速達」の額面であるため使い勝手は悪い。ただし、展覧会の名前「伸びゆく電気通信展」から電気通信の速さを速達で表したかったのではないだろうかと噂されている。

そのため、使用済み切手の中でも「速達」で使われた物はマニアにとっては”価値ある一品”であり、幻の一品と呼べる代物になるだろう。

ただし、買取店によっては評価しないこともあるので、買取価格は必ず複数社で確認しておきたいところである。

またFCD(初日カバー)と呼ばれる、カバー付きの記念切手シートは高額取引されることが多いため、高額買取が期待できるだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「観光地百選シリーズ」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
観光地百選シリーズ1951年~24円¥12,000

「交通機関の執着地点から徒歩1時間以内」という条件で一般公募された観光地を切手にしたシリーズ品である。

切手の人気が高まる中で、観光地の関係者が挙って応募し、ハガキの応募総数はなんと7700万通に至った。

切手の図柄に用いられることから、観光地への客足が増え、「百選シリーズのコンプリート」を目指す人も多く居たため、当時より人気が高いシリーズである。
(コレクターからは、切手収集の原点と呼ばれることもある。)

買取価格は単品の場合、数千円程度になるが、全て揃っているコンプリート品であれば、5万円以上の高額買取が期待できる。

単品の中でも、1951年に発行された「日本平」・「日本平からの富士」は発行枚数50万枚と数少なく、レア品としてプレミア価値が高い。

当時かなり話題になったことから、コンプリートを目指して収集していた人も多い。一つ見つかれば、数珠つなぎに他のシリーズが見つかる可能性は高いだろう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「大正銀婚」記念切手の買取価格

名称 (正式名)発行年額面買取価格
大正銀婚
(大正天皇銀婚記念切手)
1925年5月10日20銭¥10,000

大正天皇の銀婚(結婚25周年)を記念して発行された記念切手。

1銭5厘・3銭・8銭・20銭の4種類が発行されているが、20銭の記念切手は僅か20万枚の発行に留まっており、コレクター需要の高い逸品となっている。
(他の額面は500万枚程度発行されている。)

買取価格を比較すると、20銭の額面はその他額面の10倍以上になる価値ある一品。ただし、額面全てが揃ったものはコレクター品としての価値が付くため、買取価格に上乗せが期待できるだろう。

バラの場合でも1万円を上回る買取価格が提示されることもあるため、大切に保管しておきたい一品と言える。

業者間の買取価格に差がある品物でもあるため、売却時には複数社での査定をオススメしたい。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

歴代の高額プレミア切手TOP5

ここまで紹介した切手と違い、見つかれば正しく「お宝発見!」な超激レア品たちを5つ抜粋してご紹介しよう。

【歴代のプレミア切手TOP5】

順位名称買取価格備考
1位桜切手¥300,000,00020銭、赤紫色切手の場合
2位御成婚記念切手¥10,000,000額面コンプリート品の場合
3位青色勅額10銭切手¥4,000,000未使用はより高額
4位第一版能面50円切手¥3,000,00050円の第一版
5位青島軍事切手¥2,000,000未使用品の場合

プレミア切手ランキングには加えなかったが、日本には超希少な切手の数々が眠っている。

冒頭で紹介していた「プレミア切手ランキング」は、まだ一般的に発見される可能性がある品物であるが、こちらで紹介する切手たちはどれも「伝説の品」である。

額面も数百万~億単位に至るものまであり、発見されれば日本の文化財としての歴史的価値もあるような記念切手たちだ。
(※一部記念切手ではない、軍事切手なども含む)

ただし、買取価格はあくまで参考値であり、そのまま売れる訳ではない。
お店側の事情で大きく価格は変わるので、買取額が高い品物は必ず複数の買取店で査定を受けるようにしておこう。

それでは、一つずつ解説していく。

「桜切手」の買取価格

順位名称買取価格備考
1位桜切手¥300,000,00020銭、赤紫色切手の場合

桜切手と呼ばれる切手は、日本最古の切手「竜切手」に続いて発行された切手である。

現存数が少ないことに加え、発行枚数が極端に少ない額面やデザインがあることが知られている。

特に20銭・30銭は希少、所在が分からなくなっている物が多く、未使用品は1億円以上の買取価格になると予想される。まさにお宝切手。

特に、20銭の赤紫色であれば3億円以上の価格が見込める。しかしながら現存数は20枚程度と考えられているため、もはや文化財の発見というレベルの希少性である。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「御成婚記念切手」の買取価格

順位名称買取価格備考
2位御成婚記念切手¥10,000,000額面コンプリート品の場合

これは昭和天皇の成婚を祝って作られた物であり、プレミア切手TOP10でも紹介した高額な記念切手である。

切手1枚のプレミア価値ではなく、4種類全ての額面が揃っている場合は1000万円以上の買取価格が期待できるのではないだろうか。

そもそも未発行であり、バラ状でも持ち合わせている人間が限られているが、全て揃ったコレクター品は、一生かかってもお目に掛るかどうか分からない。

切手コレクターの中でも伝説的な品とされている物の一つ。

借りに使用済みであってもコンプリート品は高額になることが予想されるため、複数社での査定は行っておくべき記念切手だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「青色勅額10銭切手」の買取価格

順位名称買取価格備考
3位青色勅額10銭切手¥4,000,000未使用はより高額

本来流通しない試作切手が流通しており、これが400万円の値打ちとなっている。

初期の灰色の試作品を見て、当時の通信院が色見の変更を急遽指示、しかしながら担当者が不在であり、一部灰色の試作品が印刷されていた。

その後まもなく空襲に遭い、印刷元の印刷局と切手保管庫が全焼し、これらの切手は全て焼失したとの扱いを受ける。

だが、一部の試作版は既に郵便局に届けられており、若干数流通していたことを通信院が確認する。

スグに告示したが当然、通信院は試作品ではなく青色の切手が出回っているとして誤った色で告示、後で真相を知った通信院は水面下で青色版の印刷を指示していた。

だが、直後に日本は降伏し、終戦。
「敵国降伏」と書かれていた切手は発売中止となり、結局未発行のまま回収されることになった。

こうした経緯が明らかとなり、幻の切手の一つとして有名になったという訳だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「第一版能面50円切手」の買取価格

順位名称買取価格備考
4位第一版能面50円切手¥3,000,00050円の第一版

TV番組「開運なんでも鑑定団」でも大きな話題になった高額切手である。

世の中に2~3点ほどあると噂されている程の幻の逸品。

なんでも鑑定団の鑑定士も「本物を見たのは初めて」とコメントするレベルである。

この50円切手は、全部で第四版まで刷られており、第一版だけが右書きの印刷となっている。以降は左書きになっているため、見分けは付けやすい。

第一版は、2点~3点よりももっと多く印刷されているはずだが、全く世に出て来ることが無いマニアも唸るお宝級の珍品だ。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

「青島軍事切手」の買取価格

順位名称買取価格備考
5位青島軍事切手¥2,000,000未使用品の場合

青島(チンタオ)地方で軍事用途に使われていた「青島軍事切手」

戦争中に臨時発行された特別な切手であり、発行枚数は極僅かである。

買取価格は100万円~200万円超、使用済みの切手ですら70万~90万円の価値が付くこともある。

軍事用のため一般人が入手できる機会がなく、更には用途の都合上、状態が悪い物が多い。

市場に出回っている美品がそもそも少ないため、未使用/使用済み問わずに綺麗な物は非常に高価なのだ。

この「青島軍事切手」以外にも、軍事切手はプレミア品が多く存在しているが、こちらは別格。

シート状で発見されれば更なる価値が生まれる。少なくとも数倍の価格に跳ね上がることが予想されるので、大切に保管するようにしよう。

>>プレミア切手の買取価格一覧に戻る
>>高く売れる業者の探し方とは?
>>写真で全国の買取店に価格を聞いてみる!

切手を高く売る方法とは?

初めに、換金する切手の用途が使用目的である「一般的な切手」なのか、コレクション価値が高い切手であり、使用よりも収集が目的になる「プレミア切手」なのかを区別しておく。

一般的な切手の場合

「一般的な切手」であれば金券/チケットシショップでの換金が額面の90%以上の換金率で交換できる可能性があるため、最も効率的な方法になるだろう。注意点として、バラバラなのかシート状なのかによって大きく価格が変化するので、事前に確認しておくことを忘れてはいけない。

プレミア切手の場合

「プレミア切手」の場合は、専門の鑑定士が値打ちを判断してくれる切手買取店/ブランド買取店での換金が最も効率的。リサイクルショップ・金券/チケットショップの顧客層は使用目的で切手を求めている人たちであるため、需要があまりなく、鑑定についても専門知識を有している訳ではないので安心できない。一方で、切手マニアを中心にコレクターたちをターゲットにしているお店であれば、プレミア価値のある切手は需要がしっかりと見込める。

ただし、個人取引には注意

「個人間の売買」はトラブルの多さ、取引成立までの手間や時間を考えると、正直オススメしない。プレミア切手は特に真贋の問題があるため、買い手側も半分博打のような状態である。結局は店頭よりもお得に買いたい層が中心になっているので、ある程度ネット上で相場が調べられるものは価格交渉が手厳しいだろう。

切手買取に対応する各ショップも、各々在庫事情や取引ルートに差異があるため、何処も価格が同じわけではない。

損しない切手換金を行うためにも、玉石混合な業者の中から優良業者を探す術をご紹介する。

買取業者を選ぶ3つのポイント

覚えて頂きたいのは3つ。

1.業者の公式サイトで実績・切手の販売額を確認する。
業者が販売も行っていれば、金額によってこちらの目算も立ちやすい。あとは公開されている実績が豊富かつ、新しい日付の物が多いほど取引経験豊富であるため、信頼ポイントの一つとして目安になる。

2.口コミチェックはSNSとGoogleMapで行う
単なる口コミサイトは宣伝広告としてサクラレビューが多いこともあるので、信憑性に欠ける。SNSは文章だけでなく画像による投稿も閲覧できるため、精度の高い情報を得られる。GoogleMapでもレビュー投稿機能があり、Google社がレビューの広告活用を禁止しているので、一般ユーザーの口コミが殆どを占めている。最高評価だけではなく、最低評価~その中間あたりの評価が一番信用できるので、必ずチェックするようにしたい。

3.切手を売るときは複数社に連絡する。
一社だけの買取価格で決めてしまうと、市場価格を知らずに手放してしまうことになる。業者側は他店との価格比較を嫌がったり、わざと初回の提示額を抑えて出方を伺ってくることもあるため、駆け引きとして他店の価格情報は握っておくべき。そうしないと、相手の一方的な価格提示をこちらで適切に判断できない。

以上の3点は、売却後に後悔しないためにもぜひ行ってほしいポイントである。

正直な話、複数社に連絡するのは面倒なので結局は一社任せてしまう人は多い。買取店側もそれは承知の上で価格提示を行ってくるので、比べることで差額に気が付いて後悔するパターンはよくある話の一つだ。

骨董鑑定の窓口では、全国の切手買取に対応したブランド買取店・骨董品買取店たちと提携し、簡単に複数社への鑑定依頼と比較が行える「一括鑑定サービス」を提供している。

一括鑑定で数万~数十万円の差額が出た例もあり、簡単に高く売れる買取店と出会える。鑑定価格を比べるサービスなので、業者側の競争心理を働かせて高い鑑定価格を自然に引き出すという仕組みで一番のポイント。

つまり、競争に負けてしまう弱い業者は参入しないため、自然と競争に自信のある強い業者が集まる。手っ取り早く優良業者を見つけたい方は是非一度、骨董鑑定の窓口を利用してみて頂きたい。

骨董鑑定の窓口(24時間 完全無料)
https://brand-satei.me/kotto/

自社サービスの宣伝を最後に挟んだが、買取における一番の肝は「比較する」ことであることを覚えておこう。

あなたの切手が高く売れることを祈って。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。