【画像で解説】iPadの完全初期化(リセット)手順とできない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadを売却・譲渡する際に必要な初期化手順、Apple公式サイトでは少し分かり難い所まで、一挙解説していきます。

初めに、iPad初期化前に行っておく準備が完了しているかを確認しておきましょう。

【iPad初期化前にやっておくこと】
・使っていたアプリの引継ぎ、データ削除
・保存しておきたいコンテンツのバックアップ
・「iPadを探す」機能のオフ
(この機能がONだと初期化が行えません。)

【iPad初期化の簡単な流れ】
準備が終わり次第、「設定アプリ」を開いて「一般」を選択→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選んで初期化を進めます。

パスコードの入力画面と確認画面が2回出るので、「はい」を選ぶと初期化が実行されて完了です。

画像付きの解説で手順を見たい方は【iPad初期化手順へ※】進もう。
※タップで初期化手順までスクロールします。

初期化前にやっておくべき準備

初期化前にやっておくべきはことは、初期化によって消えてしまうデータのバックアップが主です。

【iPad初期化前にやっておくこと】
・使っていたアプリの引継ぎ、データ削除
・保存しておきたいコンテンツのバックアップ
・「iPadを探す」機能のオフ
(この機能がONだと初期化が行えません。)

※データのバックアップは、PCとUSBケーブル(ライトニングケーブル)が必要です。

1.「使っていたアプリの引継ぎ、データ削除」

iPad内の写真や動画、ストレージ内のデータはPCとiPadを接続し、PC内でiTunesからバックアップを取得することが可能です。

ただし、一部アプリ内のデータはアプリ内の引継ぎ設定をしておかないと引き継げないアプリがあるので注意が必要です。

大体はアプリ内の設定から引継ぎコードを発行し、別のスマホで引継ぎコードを入力するパターンが一般的です。

また、引継ぎを行わないアプリや、個人情報が含まれるアプリは初期化前に退会しておくと安全。

退会せずiPadを初期化してしまうと、その後退会できなくなってしまうアプリも一部あるので注意しましょう。

2.「保存しておきたいコンテンツのバックアップ」

【iCloud でバックアップする方法】

デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。

「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択し、「iCloud」をタップ。

「iCloud バックアップ」をタップします。

「今すぐバックアップを作成」をタップします。
※バックアップ終了まで、Wi-Fiは接続したままで待ちます。

進行状況を確認し、バックアップが終わったか確認できます。「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」の順に選択します。「今すぐバックアップを作成」の下で、最後のバックアップの作成日時を確認できます。

https://support.apple.com/ja-jp/HT203977

【PCでバックアップする方法】

iPad内の写真や動画、ストレージ内のデータはPCとiPadを接続し、PC内でiTunesからバックアップを取得します。

接続時に、iPadのパスコード入力を求めるメッセージや「コンピューターを信頼しますか?」というダイヤログが出るので、案内に沿って選択しましょう。

次に、iTunesで今すぐバックアップを選択すると、バックアップの取得が始まります。
※「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れた場合は、パスワードの設定を要求されます。これを忘れるとiTunesからバックアップを取得できなくなるので忘れないように書き留めておきましょう。

iTunesのデバイス選択画面

最後に、処理の完了を確認してバックアップの取得は完了です。

下記画像の下部に、前回のバックアップ取得日が表示されるので、そこから確認できます。

正常にバックアップが取得出来たら、次のステップに移りましょう。

iTunesのバックアップ選択画面

3.「iPadを探す」機能のオフ

iPadを探す機能をONに設定したままだと、iPadの初期化が行えません。

iPadを探す機能をオフにするには、「設定」アプリを開き、設定項目の一番上にある名前をタップします。

すると、AppleIDの設定画面が開きますので、設定画面下部の「探す」を開きます。

「iPadを探す」という項目がオンになっていれば、これをオフに変更すればOKです。
※パスコードの入力が要求された場合は、案内に従って操作して解除しましょう。

ここまで終わりましたら、iPadの初期化作業を行いましょう。

iPadの初期化作業は3ステップ

iPadの初期化作業は非常に簡単です。
3STEPほどで終了しますので、画像を参考に進めていきましょう。

途中、初期化作業が行えないなどのトラブルが発生した時は、「iPadの初期化が行えない場合の対処法※」をご覧ください。
※タップでスクロールします。

手順1.「設定アプリを開いて初期化を選択する」

はじめに、ホーム画面の「設定」アプリを探して開きましょう。

「設定」アプリは歯車型のアイコンで、最初からインストールされています。

【「設定」アプリのアイコン】

設定アプリのアイコン

「設定」アプリを開くと、下記設定メニュー画面が開きます。

メニュー内の「一般」をタップし、リセットを選択します。
※リセットを選んだだけでは初期化されないのでご安心ください。

「一般」をタップし、次に「リセット」をタップ
「設定」アプリ内のメニュー選択。

次に、リセットを選択した際に開くメニュー内の「すべてのコンテンツと設定を消去」を選ぶと、iPadを工場出荷時の状態にする「完全初期化」が可能です。

これ以外の「すべての設定をリセット」や「ネットワーク設定をリセット」は一部の情報のみがリセット対象のため、譲渡・売却の際には「すべてのコンテンツと設定を削除」を選んで初期化するように注意しましょう。

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
「リセット」メニュー内、「すべてのコンテンツと設定を削除」を選択する。

手順2.「パスコード入力、初期化確認で”はい”を選択」

「すべてのコンテンツと設定を削除」を選択すると、iPadの初期化に関するダイヤログがポップアップします。

ここで「消去」を選択すると、最後の確認ダイヤログが再び出てきますので、「消去」をもう一度選択しましょう。

「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします」と表示されます。
iPad初期化確認ダイヤログ 1回目
最終確認が表示されます。
iPad初期化確認ダイヤログ 2回目(最終確認)

2回目の消去を選択すると、パスコードの入力画面が表示されます。
(※パスコードの入力を終えると、iPadの初期化作業が開始します。)

手順3.「初期化作業の終了を待ち、確認して完了」

iPadの初期化作業が始まると、アップルのロゴ画像が表示された画面が表示されます。

作業が完了するまで暫く掛かりますので、この状態のまま待ちましょう。

iPhone/iPad/iPodtouchリンゴマークフリーズ故障修理の注文フォーム – APPLEMAC  スマートフォン/マックパソコン買取・修理・中古販売
Appleのロゴ画像が表示されている例

作業完了しましたら、最後に初期化が完了しているかを確認して完了です。

iPadの電源をONにした際に、「Hello」のスタートアップ画面が表示されれば初期化完了、iPadは工場出荷時の状態に戻っています。

iPad 初期化作業>「iPadは使用できません」の表示が出てしまったら! | iPhone修理兵庫 西宮市 | スマートクール フレンテ西宮
iPadのスタートアップ画面

「いつまで経ってもロゴ画面から進まない。」
「電源を入れてもスタートアップ画面にならず、初期化が完了していない。」

等々のトラブルが発生した場合には、次の「iPadの初期化が行えない場合の対処法」を参考にしてください。

iPadの初期化が行えない場合の対処法

iPadの初期化トラブルは意外によくあるトラブルの一つです。

トラブルの内容別に解説していますので、該当するトラブルをタップして参考にしてみてください。

また、これでも解決しない場合はAppleセンターへ持ち込む必要があります。

【トラブル目次】
1.iPadの初期化ができない時の対処方法1 パスコードがわからない
2.iPadの初期化ができない時の対処方法2 リカバリ中に何らかの不具合が生じた
3.iPadの初期化ができない時の対処方法4  DFUモードを使っても上手くいかない
4.iPadの初期化ができない時の対処方法6 Apple IDサーバ接続時にエラー発生
5.iPadの初期化ができない時の対処方法7 ソフトウェア更新が長すぎる

iPadの初期化トラブル事例1.「パスコードを忘れた

iPadの初期化トラブルで一番多い事例が「パスコードを忘れてしまった。」というものです。

iPadでは6回以上の入力ミスで端末にロックが掛かってしまうことや、単純に忘れてしまったことでパスコードロックを解除出来なくなってしまうことがあります。

この場合には「iTunesを使ってPCから初期化を実行する方法」でロックを解除しなくてもiPadの初期化を行うことが出来ます。

①「以前にiTunesとデータを同期していた場合」

過去にiPadとiTunesを同期/バックアップデータを取得したことがある場合には、パスコードとデータの消去を行うことが可能です。

【リセット手順】

1.同期したPCとiPadを接続し、iTunesを開きます。
(※この際にパスコードの入力を求められる場合には、②の方法で初期化します。)
2.iTunes側でiPadとの同期・バックアップ作成行われるので完了を待つ。
3.完了後、「”デバイス名”を復元」をクリックして復元メニューを開きます。
4.「iTunesバックアップから復元」を選択し、戻したい日付を選択して復元します。

②「一度もiTunesとデータ同期をしていない場合」

今まで一度もiTunesとiPadを同期させていない場合には、リカバリモードを使ってiPadの初期化を行います。

【リセット手順】

1.同期したPCとiPadを接続し、iTunesを開きます。
2.接続したまま、「iPadの強制再起動※」を行ってデバイスを再起動させます。
3.iTunesに「アップデート/復元」の選択画面が表示されるので、「復元」を選択して復元します。

(※ホームボタン+電源ボタンを長押しし、リカバリモード画面が表示されるまで押し続ける。)

iPhoneとは強制再起動の方法が異なる場合があるので、別のデバイスで強制再起動を行う場合には、必ず確認してから行うようにしてください。

関連トラブル1.「iPadのソフトウェア更新が途中終了する」

PCとiPadを接続し、iTunesにてソフトウェア更新が行った際に、リカバリーモードであると15分以上の時間経過で強制終了してしまいます。

その場合は、②「一度もiTunesとデータ同期をしていない場合」の【リセット手順2~3】を繰り返して更新を完了させればOKです。

関連トラブル2.「iPadとiTunesを接続するためのPCが無い」

スマホ社会が浸透し、PCを持たないユーザーも多くいる。

この場合は、「友人や親から借りて使用する」「Apple Store等」に持ち込んで解決する他にない。

「PCさえあれば…」と学校や職場等の共用PCで行う場合は、必ず使用後にiTunesと個人情報を削除することを忘れずに行おう。
※最終手段であり、本来であれば非推奨です。

iPadの初期化トラブル事例2.「リカバリ中に問題が発生した

リカバリモードで初期化を行っている最中に、バッテリー切れやiTunesのエラー落ち等で中断してしまい、お手上げ状態となった際には「DFUモード」と呼ばれるファームウェアのアップデート機能を使うことで対処可能なケースがあります。

DFUとは何ですか?

DFU(Device Firmware Update)、つまりデバイスのアップデート機能の名称です。
これはiPhoneやiPadが何らかの不具合により、通常の手段でアップデート出来なくなった際に復旧を狙えるという機能なんですね。

リカバリーモードと異なる点としては、iOSを起動させずにPCから処理を行うため、リンゴ画面すら表示されないということです。

公式サイトにも記述はなく、開発者向けのエラー対処法として存在しているようです。

【DFUによるリセット手順】

1.一度iTunesを終了し、1分程待ってからiPadとPCを再接続します。
2.その後、iTunesを再起動し、デバイスが接続されていることを確認します。
3.iPadのホームボタンとスリーブボタンを長押し(10秒)し、画面の暗転を待ちます。
4.iPadの画面が暗転したら、そのままホームボタンを押した状態でスリーブボタンを離します。
5.すると、「 DFUモード」に移行し、下記メッセージがPC側に表示されます。
・「iPadを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」
・「iTunesはリカバリモードのiPadを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPadを復元する必要があります。」

5.メッセージの選択肢、「復元とアップデート」を選ぶと、失敗していたリカバリモードが再開できるようになります。

iPadの初期化トラブル事例3.「DFUモードでも上手くいかない時

開発者向けのDFUでも上手くいかない場合は、奥の手である「iPhoneを探す」という機能を使う手があります。

本来であれば初期化を行うための機能ではないのですが、紛失したデバイスを保護・回収するための遠隔初期化を使用します。

【リセット手順】

1.PCを用意し、iCloud(https://www.icloud.com/)にアクセス
2.AppleIDとPasswordでログインし、「iPhoneを探す」メニューを開く
3.デバイスの一覧が表示されるので、初期化したいiPadを選択し「iPadの消去」を選択し
4.初期化がスタートするので完了を待ちます

上記手順で初期化を行うことが出来る。
初期化完了後、電源を入れて「Hello」の初期設定画面が表示されれば初期化が完了している。

これは本来、紛失・盗難に遭ったiPad内のデータ消去のために利用する機能だ。
応用して知人や家族が紛失した時にも対応できるので覚えておきたい機能の一つですね。
※デバイス単体での初期化は、「iPhoneを探す」機能をオフにしないと行えないので注意が必要

iPadの初期化トラブル事例4.「AppleID入力後の接続でエラーが起きる

iPadを初期化するには、「iPadを探す」機能をオフにして行う必要があります。

一方で、機能をオフにすると「Apple IDサーバへの接続時にエラーが起きました。」とエラー表記が出てきてしまい、変更が行えないというトラブルもあるようです。

エラー原因は主に「ネットワーク接続のエラー」によるもので、正しいAppleID・Passwordを入力していても接続エラーで弾かれてしまいます。

Wifiルーターのファームウェア更新、ルーターの再起動、4Gとの切り替えを行って接続環境を変えてみることをお勧めします。

フリーwifiなどの公共wifiでの接続は不安定かつ、通信データを盗み取られる可能性があるためAppleIDの入力などの重要作業を行う際には使用しない方が賢明です。

それでも問題が起きる場合は、Appleサポートへ相談、AppleID・Passwordがあっているか確認をしてみてください。

iPadの初期化トラブル事例5.「ソフトウェアの更新が長い」

iPadの初期化を初めて経験する方が「ソフトウェア更新の時間が長い」と不安になる方が結構多いようです。

ただ、iPadの電源が切れたり、中断されることがなければ、充電したまま完了まで待つ必要があります。

ただし、リカバリーモードで更新作業中に15分以上の時間が掛かるとリカバリーモードが終了してしまうため、再度同じ手順を踏む必要があるので注意しよう。

まとめ

iPadの初期化は、バックアップやアプリ引継ぎを行った上で、「iPhoneを探す」機能をオフにしてスタートする。

最も簡単な方法は、「設定」アプリ→「一般」→「すべての設定を初期化」を選択し、確認ポップアップで「はい」を選択すれば完了する。

これによる初期化が行えない場合は、リカバリーモードやDFUモード、「iPhoneを探す」機能を使った遠隔初期化を行うことで初期化できる可能性がある。

初期化の完了は、iPadの電源を入れた際に「Hello」という初期設定画面が表示されれば無事完了です。

これでも初期化が行えない時には、AppleサポートやAppleストアに相談し、必要によっては修理等の対応をしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。